実戦空手・キックボクシング・世界空手道連盟 士道館東京本部 士魂村上塾 村上竜司公式サイト

RISE 73 結果

試合日 12月19日(日)
会場 ディファ有明

ヘビー級 3分3R延長1R
同級1位
上原 誠

(士魂村上塾)
VS 同級3位・2010年 RISING ROOKIES CUPヘビー級優勝
羅王丸

(TARGET)
3R判定
2-0
×

RISEヘビー級のトップランクに位置する上原誠が、同級3位であり、2010年 RISING ROOKIES CUPヘビー級優勝の実績を持つ羅王丸と対戦した。上原のセコンドであるマグナム酒井と、羅王丸のセコンドであるファビアーノ・サイクロンが、かつて同級タイトルを争っている関係であることも興味深い。その、ファビアーノ・サイクロンがRISEヘビー級タイトルを返上したので、この試合は両選手にとって、王者決定戦への出場がかかる重要な一戦となった。

1R
上下に打ちわける、上原の強烈な攻撃に、羅王丸が下がる展開。上原の繰り出すボディへの集中攻撃が効いた様子の羅王丸は、次にヒザとハイキックをもらいふらついたが、ダウンを奪うことはできなかった。

2R
上原の繰り出す、重いヒザ蹴りと鋭い前蹴りが、羅王丸のボディに突き刺さる。ボディを気にしてガードの下がる羅王丸に、上原が右ストレートやハイキックを浴びせる。終盤、前に出てきた羅王丸の連打に、上原がロープを背負う場面も見られた。

3R 
ゴングと同時に、頭をつけて、パンチで打ち合う両者。前に出る羅王丸のボディに、上原のヒザが突き刺さるが、羅王丸も重いローを返し、打ち合に応じる。上原のパンチは効いているが、打たれ強い羅王丸も凌ぎ、頭を付けて打ち合ったまま試合終了。勝敗は、判定に委ねられた。結果、2-0のスピリット判定で、上原の勝利。

RISEヘビー級チャンピオンを目指す、上原誠の次戦にご期待下さい。

試合情報 > '10年試合結果 | - | - | このページの先頭へ↑
関連カテゴリ 試合情報, 試合情報 > R.I.S.E.

MA日本キックボクシング連盟主催 BREAK-7 [トリプルタイトルマッチ] 結果

試合日 11月27日(土)
会場 東京・後楽園ホール

メインイベント第1試合(第6試合)/MA日本Sライト級王座決定戦/3分5R(延長1R)
MA日本Sライト級2位
モハン・ドラゴン
(士魂村上塾)
VS MA日本Sライト級3位
深澤大輔
(ダイケン)
3RKO ×

「KOしか狙っていないし、つまらない試合はしない。前進あるのみです」
プロデビュー12戦目にして、念願のタイトル決定戦に挑むモハン・ドラゴンは、試合前日にこう語った。ひとつ階級を落としての戦いになるが、ネパールカレーを毎日食して順調に仕上がったと胸を張るモハンは、ネパール人初のチャンピオンになることができるか。
1R
200人近い応援団に大きなモハンコールで迎えられたモハンは、ゴングが鳴るや左右のフックを振り回し、戦前に語った通り前進し続ける。受ける深澤は、押されながらも左右のヒジを返し、カウンターの左フック当ててモハンからダウンを奪う。さらに、前進を続けたモハンは終了間際にヒジの連打を受け、2回目のダウンを奪われた。
2R
左右のフックを振り回して前進するモハンに、ヒジ狙いの深澤は素早く動くが、モハンのパワーに押される。一瞬腰を落とすような素振りを見せあったが、両者ダウンには至らず。
3R
ゴングと同時に、左右のパンチを振り回しながら前進するモハンが、深澤からスタンディングダウンを奪い返す。壮絶な打ち合いに盛り上がる場内で、両選手応援団による応援合戦が行われる中、モハンのフックにヒジを返す深澤。そして、さらにモハンの連打を浴びた深澤が、2回目のダウン。立ち上がった深澤に、モハンのキレのある強烈な右ストレートが炸裂したところで、動きの止まった深澤を見たレフェリーが試合を止めた。
2度のダウンを奪われても不屈の士魂で挽回し、戦前に語った言葉を全て体現してみせたモハンは、第7代王座を見事に射止めた。
ネパール人初の王者となった、有言実行の男、モハン・ドラゴンの防衛戦にご期待下さい。
モハン・ドラゴン モハン・ドラゴン
モハン・ドラゴン

試合情報 | - | - | このページの先頭へ↑
関連カテゴリ 試合情報 > '10年試合結果

K-1甲子園2010 ─KING OF UNDER 18─ FINAL  結果

試合日 11月20日(土)
会場 ディファ有明
主催 (株)FEG

トーナメント1回戦K-1甲子園ルール/2分1R延長1分30秒1R
久慈元樹
(士魂村上塾)
VS 平塚大士
(稽道会)
× 1R判定
0-3

東日本Aブロック・ベスト16の久慈が、西日本Aブロックベスト4の平塚と対戦した。
1ラウンド2分という勝負を意識し、パンチで前に出た久慈のストレートが当たるが、中盤に平塚がミドルで久慈を下がらせた。判定は3-0であったが、今回の経験を糧に成長するであろう、久慈元樹のさらなる飛躍にご期待下さい。

試合情報 | - | - | このページの先頭へ↑
関連カテゴリ 試合情報 > '10年試合結果

花澤ジム主催興行 結果

試合日 10月31日(日)
会場 袖ヶ浦臨海スポーツセンター
主催 花澤ジム興行

第4試合/ジム対抗戦/ライト級/3分3R
村上 綾
(HOSOKAWA)
VS 春日 翔
(士魂村上塾)
× 1RKO

村上の突進にも動ぜず、首相撲で振り回し、クリンチを誘う春日。ブレイク後、再度突進してきた村上に、狙いすました春日のバックブローが炸裂。もろにもらった村上が崩れ落ち、深いダメージを負った村上を見たレフェリーは、カウントを止めた。冷静な試合運びを見せ、会場をどよめかせた春日翔の次戦に、どうぞご期待下さい。

試合情報 > '10年試合結果 | - | - | このページの先頭へ↑
関連カテゴリ 試合情報

BRAVE CORE 結果

試合日 10月31日(日)
会場 明石市立産業交流会館
主催 日進会館

 
元WMAF世界ウェルター級王者
水町 浩

(士魂村上塾)
VS 二郎
( 日進会館)
3R判定3-0 ×

1R~2R、ローを効かせた水町が、終始試合を優位に進める。3R、両者パンチで打ち合い、水町はダウンを奪う寸前まで攻め立てたが、二郎も踏ん張り、ダウンは奪えず。判定は3-0で、水町の圧勝。実力差を見せつける勝ち方で、ようやく連敗を脱した水町浩の次戦に、どうぞご期待下さい。

試合情報 > '10年試合結果 | - | - | このページの先頭へ↑
関連カテゴリ 試合情報